経営者によって様々となる調剤薬局の経営支援の効果

支援にはセミナーも開催されている

新規開業や開局するのなら、資金計画の作成などから支援を求めることが可能で、例えば、内科・皮膚科クリニック、サービス付き高齢者住宅などの処方せんを受け入れるような経営が期待できます。ですが、厳しい経営環境であることにより、継続的に成長するために、既存する薬局の支援も担う活動、事業所があります。医療・医薬品業界を取り巻く環境も変遷し、今では、医療費の増加抑制に良質な医療サービスの提供が同時に求められており、実現できているケースは極めて少ないように感じられます。経営難とも囁かれている薬局、経営支援となるセミナーも開催されているのをご存じでしょうか。現場に即した経営情報であったり、ノウハウを提供、開局同様、プロデューサーとなってくれます。医師と患者を繋ぐ役割、地域医療を支えるパートナーとなるため、セミナー効果の一つとしては、医薬分業ではなく協業へと進化できる点を挙げることもできます。また、困る問題に取り組むヒント、解決策までがセミナー効果にはあります。例えば、資金繰りが苦しい、売上の減少、経費の高騰による経営の圧迫など、抱える課題も山積みです。だからこそ、専門家の経営学のアドバイスを受けるのです。経営支援には、中小企業診断士・医業経営コンサルタントの資格を持つ専門家が携わるため、ある意味、経営塾とも呼べるのではないでしょうか。

マーケティングリサーチまで担う

経営の側面から調剤薬局の業績改善であったり、事業拡大の効果も期待ができます。型にハメたコンサルティングではなく、設立の経緯であったり、経営状況の変遷など、事業形態であったり、現在の状況を踏まえた最善のコンサルティングです。財務問題が課題であるのなら、収益力を診断したり、財務体質の診断を行う事業所もあります。また、経営上重要視すべきは、診療圏の分析、いわゆるマーケティングリサーチではないでしょうか。基本調査はもとより、地域医療機関の特性調査から競合院の調査なども行います。効果としてはやはり、患者ニーズの把握ができる点です。また経営支援では、人材組織の活性化も図ることが可能です。満足度の意味合いでのモラールサーベイ、例えば、従業員約100名の薬局チェーンにおいて従業員の満足度を調査することにより、志気を高めることができます。

事業を親族に承継するという手もある

調剤薬局も医療施設ですから、効率性が重要となります。支援では、土地や建物、設備機器の有効活用度を診断してもらいましょう。その後は、調剤薬局チェーンの中期経営計画策定支援も実施されるようです。また、経営の承継も視野に入れる提案もあるようです。現経営者にとって、経営者の交代が良いのか、会社形態の変更が良いのか、まずはそこに着眼点がおかれます。資産の承継であれば、他人よりも親族へ、単独か共同経営かを選ぶこともできます。事業承継計画の立案のみならず、継承者がいない、あるいは経営を辞めたいのならば、社内や社外への売却いわゆるM&Aという支援も受けることができ、その仕事、人材は引き継がれ、経営者には売却益が得られる魅力もあるようです。