考えてほしい調剤薬局の経営支援と問題解決方法

個人薬剤師の調剤薬局経営は難しい

今では、病院に帯同するように併設されている調剤薬局はチェーン店やフランチャイズ経営となっていることがほとんどです。学校や自治体の委託薬剤師などを兼務するような個人で営む薬局の場合、薬剤師が在籍するドラッグストアなどに押されてしまうことも多々あるようです。経営が難しいながらも、自治体からの入金や昔なじみの顧客、化粧品販売などでしのいでいるということが多く、本業の調剤業務は二の次となっていることもあるようです。調剤用医薬品の仕入れも難しく感じるということもあるのではないでしょうか。

こんな時に検討してほしいシステム

経営方針や営業形態を変えたい、少しでも収入アップを目指したいとお考えの個人薬局の経営者にぜひ検討いただきたいのが「調剤薬局の経営支援システム」です。担当者が問題解決に向けて、数多くの提案をしてくれます。個人薬局の経営者にとって守りたい「地域住民の信頼」はもちろん、「お店の看板」などを尊重することも視野に入れながら相談に応じてくれるので、頼もしく感じるのではないでしょうか。仕入れ価格の交渉から、調剤用の機器の導入に向けた資金調達など、直面する幅広い問題解決に向けて動いてくれます。また、経営を立て直すための財務管理サポートなども利用することができるため、短期間で収入増が目指せる「くすりやさん」として生まれ変わることでしょう。システムを提供する会社は、多くの薬局チェーンを経営する母体企業や、コンサルタント会社などが大半です。経営ノウハウは豊富ですので、どのような会社に経営支援を依頼してもかならず立て直してもらえるでしょう。

経営支援システムならM&A依頼も可能です

自力での経営が難しいと感じた時、廃業だけは避けたい・薬剤師の資格を活かした仕事を続けたい・地域の薬剤師として店を残さなければいけないというような理由もあることでしょう。こんな時は企業買収などを相談することも一案です。このシステムなら、買収してほしい個人薬局と買収先の会社とのマッチングなども行います。お互いの利害関係をうまくまとめ、円満にM&Aが成功するよう導いてもらえます。もちろん条件を飲んでもらうこともできる限り可能であるため、薬として局の屋台骨を残して地域の残ることも可能です。経営支援システムを導入するか否かも熟考しなければいけません。ただし、問題解決とはいかなくても、現状を相談をするだけでも有益な事ですので、これからの薬局経営に行き詰まりを感じたら、早い段階で相談をしてみてはいかがでしょうか。